草刈り道具のおすすめを紹介!プロもチェックしている便利グッズ

草刈り道具 おすすめ

草刈りを効率よくおこなうためには、まずは道具を揃えるところから始まります。しかしホームセンターやネットを見ていても、種類がたくさんあるため、どれを購入していいか選べない方も多いでしょう。

今回はプロ目線で選ぶ、初心者や女性でも扱いやすい草刈り道具を紹介していきます。中には100均で揃えられるものもあるので、手に入りやすい道具ばかりです。これから草刈りをする人は、まずはこちらで草刈りの準備をすすめてください。

草刈りの道具は便利がいちばん!

草刈りを効率よくおこなうためにも、便利な道具は欲しいところです。草を刈るためだけの道具でも、やはり使いやすさと便利さは必要でしょう。草刈りに必要な道具を紹介していきます。

草刈り鎌

草刈り鎌

草刈りに必要な道具といえば、やはり草刈り鎌でしょう。草刈り鎌を使用することで、伸びきった葉を短く刈ることができます。草の種類によって、鎌の大きさを変えると刈りやすいです。品質によって値段は変わりますが、2,000円ほどで購入が可能です。

剪定ハサミ

細かいところの草を刈るためのはさみです。剪定に使うハサミなので、細い枝も切ることができます。木を育てている人であれば剪定ハサミがあると、草刈りだけでなく剪定にも使うことができるため、便利でしょう。小さいものだと1,000円前後、持ち手が長いものだと3,000円前後で購入ができます。

レーキ(くわ)

草刈り後の根っこを処理し、整地するための道具です。砂利や土の塊をならしたり、落ち葉や雑草をかき集めたりするときにも使用します。家庭用に合わせて小型のものもあり、2,000円前後で購入できます。

三角ホー

刈る部分が三角形の形をしている、クワのようなものです。先端がとがっているため、雑草を根元から削り取ることができます。柄が長いため、立った状態で作業をすることができるため、腰にかかる負担も少ないでしょう。2000円前後で購入することができます。

ねじり鎌

先端部分がねじれている鎌です。ねじれた部分を利用することで、雑草を刈るだけでなく、地面を削ぐことも可能です。約1,000円前後で購入できます。

草刈り機

草刈り鎌より時間を短縮することや、労力をあまり使わないで刈ることができる機械です。草刈り機の先についている刃が回って、立ったまま草を刈れます。草刈り機は広い場所であれば、存分に効果を発揮してくれます。狭い場所や細かいところは不向きですが、いっぺんに広い場所をやることにより、時間短縮になります。草刈り機は10,000円前後から購入できます。

草刈りのときに用意しておきたい道具

草刈りは、草を刈り取る道具が非常に大切です。しかし草刈りに使う道具は、それだけではありません。用意しておくことで、格段に作業がしやすくなる道具があるのです。可能であればこれらを用意しておくと、便利でしょう。

台車

台車

刈った草を運んだりするときに必要になってきます。人の手だけで運ぶのは困難な場合に使われることが多いです。持ち運びや収納に便利な折りたたみ式、台車が丈夫な固定ハンドル式など、さまざまな種類があります。

ゴミ袋

草を捨てるためのゴミ袋です。草を持ち運ぶときに、草が落ちないように袋に入れてそのままゴミ捨て場に置けます。もし草がかさばってゴミ袋に入りきらない場合は、一度天日干しにして乾燥させてから袋に詰めて、そのまま燃えるゴミとして処理しましょう。

ホウキ

雑草を根元から刈り取ったときは、土や砂利が散乱してしまっているでしょう。そのようなときにホウキを使うことで、きれいに掃除をすることができます。

長靴・手袋・作業服

草を刈るときの服装は、長袖長ズボンが鉄板となってきます。刃物を使うことからケガにも繋がりやすいため、手袋や長靴を装備しておきましょう。体力を奪う原因である直射日光や日焼け、飛来してくる虫などから身を守ることができます。

とにかくラクに済ませたい方は……

もし道具揃えても、時間がなかったり面倒くさかったりして、なかなか実行できないものですよね。ラクに済ませたいかたは、業者に頼むという選択肢もあります。業者に頼むことで、道具を揃えなくてもいいですし、時間も手間をかかりません。きれいに庭を仕上げてくれます。一度相談してみてはいかがでしょうか。

草刈りをするときのコツと注意点

草刈りに必要な道具を理解すれば、さっそく作業に取り掛かりたいですよね。しかし、草刈りにはコツがあります。このコツまで理解しておかなければ、草刈りの効果を十分に発揮することができないでしょう。作業に取り掛かる前に、コツと注意点を確認しておきましょう。

時期・タイミングを見る

時期・タイミングを見る

気温が高くなく、草が短い時期におこなうといいでしょう。草刈りは年3回おこなうといいとされています。雑草が伸び切る前の6~7月、生長が落ち着いた9~10月、草が枯れていく11~12月に草を刈るといいでしょう。ただし適切な時期に草を刈っても、雨が降ったあとは、草が育ってしまいます。天気予報など見てタイミングを見計らいましょう。

目立つ場所からやる

雑草はすぐ生えてくるため、手入れが大変になってきます。全部おこなうのは大変なため、目立つ場所からやっていったほうが効果的です。人に見られるところを、右から左へと順番に刈っていくといいでしょう。

背丈の大きいものから始める

草刈りをするときに、草刈り機を使用する方も多いでしょう。草刈り機を使用して草刈りをおこなおうと考えている方は、まず背丈の高い雑草から手を付けることをオススメします。じつは草刈り機は、背の高い雑草を刈ろうとすると、不具合を起こしてしまうことがあります。刈り取るときに長い葉が絡まってしまい、動かなくなるのです。

そのため手順としては、背丈の高い雑草を草刈り鎌などで短く刈り取ったあとに、草刈り機を使って全体の雑草を刈り取っていくとよいでしょう。このようにすることで、トラブルが発生することなく、効率的に草刈りをおこなうことができるのです。

草刈りするときに気をつけること

草刈りをするにあたって注意するべきことがいくつかあります。草を刈るとき気をつけるべきことは、周りに石や砂利などがないかを確認し、石があれば取り除きましょう。石や砂利が飛び散ってケガをしてしまうかもしれません。

また、熱中症や虫刺されに注意しましょう。首に濡れたタオルを巻いて水分補給をしっかりと取り、虫よけスプレーを撒いたりして対策しましょう。

草刈りが面倒!たまにはプロに頼ってみては?

草刈りをするのはやはり大変なことです。雑草が大量にあってキリがなかったり、時間がなかったり、天気が悪くて作業ができないこともあるでしょう。そのようなときは、ぜひプロに頼ってみてください。プロに頼めばきれいに仕上げてくれ、迅速に終わらせてくれるでしょう。

草刈り・草むしり・草削りは違うもの

除草を目的に道具や方法を調べていると、「草刈り」「草むしり」「草削り」といった言葉を目にすると思います。これらはすべて、「草を取り除く」という意味の除草を表す言葉ですが、じつはそれぞれ違いがあります。

草刈りは長い草を短く刈り取る行為のことです。短く刈り取るだけなので、根っこは残っており、完全に取り除くことはできません。しかし刈り取ると、雑草の成長力を弱らせることができます。ほかのものと比べて労力も少なくすむでしょう。

草むしりは手を使って、雑草を根から引っこ抜くことです。労力と時間がかかりますが、草の発生を長期間効果的に防ぐことが可能です。草削りは道具を使って、雑草を土ごと削り取り、撤去することです。根っこごと削るため、こちらも長期間草の発生を抑制することができます。土のある場所で除草をしたい場合に便利です。

それぞれの違いを明確にしておかなければ、自分が想像していた出来と、違うものになってしまうおそれがあります。自分がおこないたいのは草刈りなのか草むしりなのか、それとも草削りなのかを考えてみましょう。また業者へ除草を依頼する際は、どれをおこないたいのかを明確に伝えると、自分の想像通りの仕事をしてくれることでしょう。

除草目的なら除草剤や防草シートもあり

除草目的なら除草剤や防草シートもあり

除草するなら、除草剤や防草シートを使うという方法もあります。除草剤を撒けば葉や根も枯らせることもでき、防草シートを上から覆えば雑草を抑えることが可能です。手軽にできるため非常に便利ですが、じつは失敗するケースもあるのです。

除草シートは範囲が広い場所だとうまく敷くことができず、失敗することがあります。そのため、より確実に除草をおこなうためにも、業者へ依頼をする方も多いです。

定期的なお庭の草刈りならプロにおまかせ

雑草を伸ばしたまま放置していると、花粉症や害虫の被害にあってしまうことがあります。そんな被害を防ぐためにも、草刈りは欠かせません。

草刈りがなかなか実行できないという方は、プロに任せることをオススメします。草刈りをプロである業者へ依頼することによって、短い時間で処理をしてもらえ、草刈り機などの道具を買う必要もなく、ケガの心配もありません。

また「草刈りをしたいけど、遠方の空き家だから大変……」「駐車場を草刈りしたいけど、広すぎて手が付けられない」といったケースでも、業者であれば対応することができます。

草刈りを依頼した際ににかかる費用の相場は、1㎡につきおよそ500円です。そこまで安いものではありませんが、相見積りをとって、より安いところに依頼をすることで、費用を抑えることができます。弊社は、無料で相見積りを承っています。

雑草に悩まされている方は、ぜひ弊社へご相談ください。

まとめ

草刈りの道具にも種類がたくさんあり、用途によって使い方が変わってきます。種類や使い方をおさえて、効果的に除草をしてみましょう。

しかし中には、草刈りをしたいけど時間がない方や、作業が面倒だと感じている方もいらっしゃるでしょう。そのようなときは、プロに依頼をすることをオススメします。草刈りのプロに依頼をすれば労力を要することなく、きれいな仕上がりが期待できるでしょう。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
01時22分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは