草刈り業者を選ぶならここをチェック!納得できる業者に頼むには

草刈り業者を選ぶならここをチェック!

庭の景観を保つだけでなく、害虫対策や、草木の成長をよりよいものにするために、草刈りは必要な作業となります。しかし、自分でするとなると時間や体力を使うため、なかなか草刈り作業の決心がつかないこともあるでしょう。

そんな事態を手助けしてくれるのが、草刈り業者です。草刈り業者は知識・経験が豊富なので、素早くきれいな仕上がりで草を刈ってもらうことができます。

この記事では、草刈り業者が対応しているサービスについてご紹介したうえで、業者選びのポイントや依頼に適した時期などについてもご紹介します。

草刈り業者が対応するサービスって?どこまでしてくれるのか

草刈り業者というのは、庭などに生えた雑草などの草を刈ってくれる業者のことです。ただ、対応しているサービスはそれだけではなく、庭木の剪定や伐採などのお困りごとも解決してくれる場合があります。以下に、一般的な草刈り業者がおこなっている、サービス内容についてご紹介します。

草刈り業者が基本的におこなう作業

草刈り業者が基本的におこなう作業

基本的なサービスとしては、依頼した敷地に生えている草を刈ってくれます。雑草だけではなく、芝生なども草刈りの対象として依頼することが可能です。

庭以外にどんな場所に対応してくれるか

草刈りを依頼できる場所は、自宅の庭だけではありません。学校のグラウンドや農地などの広い敷地、マンションの駐車場や会社の敷地などでも草刈りを依頼することができます。

草刈り以外にもおこなってくれるサービス

草刈り業者によっては、庭木の剪定や伐採などの手入れも依頼できる場合があります。草刈り業者が庭木の剪定や伐採に対応しているかどうかは、業者のホームペーシを見るか電話をするなどして確認することが可能です。

業者の草刈りの方法とは

業者が草刈りをおこなう方法は、おもに3つあります。以下に、それぞれの方法について紹介していきます。

・手作業
雑草を草刈りハサミで刈り取ったり、手で抜いたりする方法です。おもに、機械を使うと壁にぶつかるような狭い場所や、小規模な敷地での草刈りのときに用いられます。

・機械
機械での草刈りでは、掃除機のような見た目の器具タイプと、車のような見た目の乗り物タイプに分類されています。それぞれで特徴が異なっているので、確認しておきましょう。

器具タイプは、両手で支えながら草を刈る機械です。手作業よりも作業効率がよいため、広い敷地を刈り取ることに向いています。

また、乗り物タイプは、車のように乗り進みながら草を刈る方法となります。器具タイプよりも小回りはききにくいですが、より短時間で広い範囲を刈り取りやすくなっているのです。

また、業者によっては、1か月や半年に1回などと定期的に草刈りを依頼できるところがあります。家に庭がある方は、景観を保つために定期的な草刈りが必要となりますが、そんな面倒くさい作業も代わりに草刈り業者がこなしてくれるのです。

また、オプションとして別料金はかかるものの、庭木の剪定なども同時にこなしてくれる業者があります。そのため、サービスが充実している業者への依頼を検討されている方は、一度弊社にお問い合わせください。弊社であれば、依頼者の目的に合ったサービスの提供をおこなっている、業者をご紹介させていただくことが可能です。

安さ?充実性?よりよい業者を選ぶためのポイント

業者に草刈りを依頼するとき、できるだけ費用が安く済み、サービス内容が充実しているところを選びたいと思うはずです。ここでは業者選びにおける、「費用」「サービス内容」「実績の有無」について注目したいポイントを解説します。

ポイント1:草刈りの費用

ポイント1:草刈りの費用

業者選びの際はまず、業者が設定している草刈りの費用を確認しましょう。草刈りの1坪当たりの費用相場は500~2,000円ほどです。

また、草刈りの費用に加えて出張費や、オプション料金などが発生する場合もあります。草刈りの費用が高くても、その他の料金が安い場合がありますので、こちらの料金についても注目しておきたいです。もし、自力で業者ごとの費用を調べたいときは次のように計算するとよいでしょう。

(1坪当たりの草刈り料金 × 作業面積)+(出張費 ・ オプション料など)= 合計費
このように、費用に関する業者選びは、ひとつひとつの値段ではなく合計費から考えることをおすすめします。

ポイント2:サービスの充実性

草刈りにかかる費用だけでなく、業者のサービス内容が充実しているかどうかも大切です。業者のサービス内容が目的と合っていないと、費用どおりに作業をおこなってくれたとしても、満足のいかない結果になることがあります。そのため、目的に合ったサービスを受けることができる業者を選ぶようにしましょう。

ポイント3:実績の有無

信頼できる業者かどうかは、作業実績から判断することをおすすめします。業者のホームページなどに載っている施工事例を見れば、どれぐらいの費用で、どういった作業をおこなっているかなどがわかるのです。それにより、実際に依頼したときに受けられるサービスがある程度わかるため、実績の載っていない業者よりも安心です。

また、「刈払機取扱作業者」などの資格をもっていることがわかれば、より信頼できるといえます。この資格は、国や公共団体などに認められた証であることから、業者としての信頼性が高いのです。

業者選びを1から自力でおこなう場合は、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。しかし、自力で探すと時間がかかったり、複数から選ぶのが迷ったりすることがあるでしょう。

もし、業者選びをすぐにすませたい方は、弊社を利用してみてはいかがでしょうか。無料で見積りを受け付けている草刈り業者も紹介できますので、まずはお気軽に電話で内容をお聞かせください。

草刈りは適切な時期におこなうと◎

草刈りを依頼する時期によっては、依頼する回数を少なくすませられる可能性があります。ここでは、「草刈りをおこなう時期」「定期的に作業してもらう年間管理」について紹介しています。また、「草刈りをしないとどうなるか」についても触れていますので、草刈りをおこなう決心がつきやすくなるでしょう。

一般的な草刈りの時期は年3回

一般的な草刈りの時期は年3回

草刈りをおこなう時期は、6~7月の初夏・9~10月の秋ごろ・11~12月の冬ごろが一般的です。初夏におこなうのは草が伸びすぎないための予防で、秋は弱っていく草を確実に駆除するためであり、冬は枯れた草を取り除くためです。3つの時期ごとに業者へ草刈りを依頼しておくと、年中雑草に困りにくくなります。

ただし、これは雑草の草刈りをおこなう場合なので、芝生の草刈りや庭木の剪定などでは適切な依頼時期が異なってきます。業者によっては、いつごろに頼めばよいかを教えてくれることがありますので、気になる方は一度電話やメールを使って相談してみるとよいでしょう。

何度も電話するのが面倒な人へ。「年間管理」がおすすめです

毎年3回の依頼を電話でおこなうのが面倒な方は、定期的に草刈りを任せることができる「年間管理」がおすすめです。年間管理では、毎年おこなう作業を決めることができますので、何度も連絡することなく、業者が手入れをしてくれるようになります。

さらに、年間管理だと割引サービスを実施している業者が多く、1回ずつ依頼するよりも安い費用で済むことが多いでしょう。

草木の成長の阻害だけでなく、害虫の発生を招く。放置はNG

雑草をそのまま放置していると、近くにある花や木などの栄養を吸ってしまい、育てている植物の成長を邪魔されてしまいます。生育が悪くなるだけでなく、場合によっては植物が枯れることもあるでしょう。

また、作物を育てていないからといって、被害を受けないとは限りません。雑草が生えていると害虫が発生しやすくなるため、屋内へ侵入して家を荒らされるおそれがあります。ムカデや蜂などの毒をもつ虫や、ゴキブリのように人を不快にさせる虫など、さまざまな害虫のすみかとなるおそれがあるのです。

こういった事態を防ぐためにも、業者に草刈りを任せておくのがよいでしょう。弊社にご連絡いただければ、依頼者のご要望に合った草刈り業者をご紹介いたします。「できるだけ安く依頼したい」「年間管理してもらえるところがいい」といったご要望にもお応えすることが可能です。

また、弊社は24時間365日の電話対応となっておりますので、いつでもご連絡していただくことができます。ぜひ、草刈りを検討されているという方は、弊社までお気軽にご連絡ください。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
00時38分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは