草刈りを簡単にする道具をご紹介!基本的な方法・草刈り後の対策も

草刈りを簡単にする道具

気温が高いときに外で草刈りをするのは大変ですよね。そんなときでも、便利な道具を使えば、短時間で楽に草刈りができます。高価な機械を買わなくても、ホームセンターにて数百円から数千円で購入できるものばかりです。

そこで今回は、草刈りが簡単にできる道具や効率よくおこなうポイントをご紹介します。あらかじめ知っておくと。体力や時間を節約できる草取りができるでしょう。

まずは基本から!草刈りのしかた

最初、丁寧におこなえば、あとの草刈りが簡単になります。丁寧におこなうためには、基本的なことをしっかりと理解しておくことが大切です。そのため、ここではまず、基本の草刈りのしかたをご紹介します。

草刈りをする前は安全対策を!

草刈りをする前は安全対策を!

草取りは屋外でする作業ですので、害虫に襲われることやケガなど、さまざまな危険性があります。そのため、安全に作業できるように対策をしましょう。

草刈りをする場所で、スズメバチなどがとんでいるかもしれません。スズメバチが巣を作りやすい軒下などを確認しておきましょう。

草刈り機を使うときに、近くに人がいないかどうかを確認してください。草刈り機が、地面にある石をまきあげて周囲に飛ばしてしまうことも考えられます。もし辺りに人がいれば、飛び散った石が当たってケガをさせてしまうおそれがあるのです。

気温が高いときに草刈りに集中していると、つい水分をとることを忘れてしまい、水分不足になりがちです。熱中症を防ぐために、こまめに水分をとるようにしましょう。

草刈りの基本的な道具

草刈りに使う道具は、ホームセンターやインターネット通販などで購入できます。基本的な道具は、草刈り鎌、剪定ばさみ、熊手や鍬などです。

草刈り鎌はホームセンターで、1,000円ほどで販売されています。利き手で草刈り鎌を持って、反対の手で草をつかみ、草の根元を草刈り鎌の先端で掘ると、簡単に草を抜くことが可能です。

剪定ばさみは草刈り鎌よりも刃が小さいので、細かい作業が得意です。木の枝も、あまり太くなければ剪定ばさみで切れるので、1本持っておくと便利でしょう。一般的なもので、1,500円から3,000円の間で購入できます。

刈ったあとの草を集めるのに便利なのが、熊手(くまで)です。つめが何本もついた、まさに熊の手のような大きな道具です。ホームセンターにて2,000円前後の値段で販売されています。ご自宅の庭の広さに応じて、適切な大きさの熊手を選んでください。もし熊手が用意できなければ、ほうきで草を集めましょう。

鍬(くわ)は、草を刈ったあとに雑草の根を処理するときに使います。かがんだりせずに立ったまま楽に作業ができます。鍬は1,500円から3,000円の間が相場です。

草刈りでたまった草を運び出すには台車があると便利です。たまった草を放置しておくと、虫が住み着くことがありますので、その日のうちに処理するようにしてください。

草刈りに適した服装

草刈りのときの服装は、基本的に露出した格好にならないようにします。草刈り道具のなかには危険なものもありますので、長袖長ズボンで作業をしましょう。

手袋は刃がついた草刈り道具を滑らせて落とさないように、滑り止めがついたものを選ぶとよいです。長靴も同様に、底に滑り止めがついたものを履くとよいでしょう。底にスパイクがついた長靴は、誤って転んで滑ることを防いでくれます。

草刈りに適したタイミング

午前中は気温も極端に高くなることがほとんどありません。また、朝露が残っていると土が柔らかいので草が刈りやすくなります。体力に無理がなく草刈りができるでしょう。

午前中は忙しくてできないという人もいらっしゃるかと思います。そういう方には、雨が降った翌日がおすすめです。なぜなら雨があがったあとは、土が湿っていて柔らかくなっているためです。土が柔らかいと強い力を入れなくても草取りができるでしょう。

草刈りのポイント

雑草を根元から抜きがちですが、実際は逆で、雑草は根から抜かない方がよいのです。これは、雑草の根を抜くと、土が固くなるからです。

雑草は根の張り方が強く、この根を抜いてしまうとかえって土が締まって固くなります。そして、固い土でも繁殖ができる雑草が生えてくるようになってくるのです。

草を取ったときに、抜いたものを見失わないように、草を置く場所を決めておきましょう。右から左へ、など作業する場所を決めておくと効率よく作業できます。

草刈りの道具をいろいろ揃えるのは大変、そんなときは業者に相談してみるのはいかがでしょうか。業者は繁殖状況に対応できるようにさまざまな道具を取り揃えているため、柔軟に対応できます。

定期的に草取りをするのが理想的だけれど、時間がないというときは一度弊社までご相談ください。弊社はさまざまな土地のオーナー様からご依頼を受けており、実績がありますので安心してご連絡をいただければと思います。

草刈りを簡単にする便利な道具

草取りは体をかがめて作業をしますので体力を使いますし、1回の草抜きにはある程度の時間を要します。しかし、草刈りを簡単にできる道具があると、作業を楽におこなえて、時間を短縮することが可能です。そこでここでは、おすすめの草刈り道具をご紹介します。

草削り

草削り

草削りは、長い柄の先端にのこぎりのようなギザギザの刃がついたものです。まだ草丈がそれほど高くはない雑草を刈ることもできます。使い方は簡単で、土を草削りで削っていくだけです。ホームセンターで3,000円ほどで購入ができます。

立って使える草刈りはさみ

別名「立ち刈りばさみ」ともよばれる草刈りはさみは、長い柄の先にはさみがついたものです。そのため、背をかがめることなく、立ったまま楽に作業ができます。柄の長さによって値段は異なりますが、2,000円から4,000円の間で購入できます。

草刈り機

草刈り機があると、草刈りの時間を大幅に削減できます。草刈り機は一見、農家の専用器具に思いますが、じつはホームセンターやネット通販で購入できます。ちかごろは女性の力でも持てるような軽いもの、充電式の草刈り機も多く登場しています。農家が使うような草刈り機は高額ですが、家庭用のものであれば、20,000円前後が相場であるようです。

バキューム・ブロワー

草刈りが終わったあとの草を集めるのは面倒なものです。そんなときにバキューム・ブロワーがあると簡単に草を集められます。バキュームとは空気を出すこと、ブロワーと吸い込むことを意味します。つまり、バキューム・ブロワーとは、空気を噴き出して草を一カ所に集め、まとめて吸い込む道具なのです。。一般的なバキューム・ブロワーは、30,000円前後で販売されています。

費用で比較!道具を買うか業者に頼むか

草刈りの道具のなかには、バキューム・ブロワーなど高価なものもあります。ご自身でこういった道具を買いそろえるよりも、業者に草刈りを依頼したほうが安く済むことがあります。

草刈り1坪(約2畳分)を、円でおこなう業者が多いようです。草刈りの大変な手間を考えたとき、または草刈りの費用を比較したときに、あらためて業者に依頼したほうがよさそう、と思うかもしれません。

弊社は草刈りに関するご相談を24時間いつでも受け付けております。料金は全国一律の明朗会計ですので、安心してご連絡ください。現地でのお見積りは無料でおこなっておりますので、じっくりご検討いただけます。お見積り後に追加料金はいただいておりません。

草刈りしたあとは除草剤をまいて防止策を!

草刈りをおこなっても、ずっときれいな庭のままというわけにもいきません。数日もたてば、雑草の芽があらたに生えてきます。そのため、草刈りのあとは除草剤を使うと、繁殖を防ぐのにも、今後の草刈りを簡単にするのにも効果的です。

除草剤は安全?

除草剤は安全?

除草剤の注意書きには手で直接触れたり口に入れたりすると危険、と書いてあるものが多いようです。強い効き目がある除草剤には、ダイオキシンが含まれているものが多く、発がん性物質や致死毒性があり、決して安全であるとはいえません。除草剤を使うときは、長袖長ズボンの作業着に、手袋やマスクをつけて作業をしてください。

液剤はグリサホートを配合した除草剤を散布すると、葉から薬剤を吸収して根が枯れていきます。ホームセンターで販売されていて、価格は500円前後です。各除草剤で指定された水量で希釈して、噴霧器やジョウロでまいておきましょう。

除草剤の種類

土壌処理型(粒剤)と茎葉処理型(液剤)の2種類があります。生えている雑草をすぐに枯らしたいのであれば、茎葉処理型です。一方で、これから生えてくる雑草を予防したいのであれば、土壌処理型です。

除草剤をまくタイミング・方法

すでに雑草が生えているときです草丈がまだ短い時期がよいでしょう。茎葉処理型は除草剤は、ひざ下までの草丈のうちにまきましょう。土壌処理剤の除草剤は、これから生える雑草を防ぐためなので、草刈りをおえたときに散布します。

除草剤以外にも効果があるもの

除草剤のような薬剤を使わずに、除草の効果があるものは、重曹です。重曹はお菓子作りに使うなど食品の原材料にもなるほどですので、除草用に安心して使えます。

重曹はペットがいるご家庭にもおすすめです。除草剤を使ったあとの庭をペットが舐めたりすると危険な場合がありますが、重曹なら安心でしょう。

ただし、重曹を使うときはある程度大量にまきましょう。重曹を8%で希釈した水、(1リットル当たり180g)を除草剤の代用品として使います。

除草剤をまくのが不安な方は

ペットがいる、小さなお子様がいる場合は除草剤をまくのは不安ではないでしょうか?また手間がかかる、体力や健康に不安な方もいらっしゃるでしょう。そんなときは業者に依頼することをおすすめします。面倒な作業は実績あるプロにお任せください。

ぜひ弊社に草刈りのお手伝いをさせてください。草刈りのあとの予防対策もあわせてご提案させていただきますので、いつまでもきれいなお庭で過ごせますよ。

弊社では24時間、草刈りに関するご相談を受け付けております。まずは、現地調査をおこなわせていただき、お見積りを提出させていただきます。もちろんご契約まではいつでもキャンセルをしていただけます。ご契約いただいてからは、真心をこめて丁寧に作業をさせていただきます。ぜひ気軽にお問い合わせください。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
00時28分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは