【刈草の処分方法】野焼きはダメ!可燃ゴミ?埋めるデメリットもある

刈草の処分方法

草刈り後、刈草の処分にお困りではありませんか。刈草の処分方法は、各自治体によって異なっています。誤った処分をしてしまうと、予想外の手間や近隣トラブルなどの原因になってしまうので、適切な処分方法を選びましょう。

この記事では、刈草の処分方法の提案や注意点、業者に依頼する場合の費用などを解説していきます。適切な処分方法を知って、予想外の手間やトラブルが起きないようにしましょう。

刈草の処分方法は自治体によって違う

刈草の処分は、自治体によって異なっています。地域のごみ出しマナーに従って刈草の処分をおこないましょう。おもな、処分方法を3つみていきます。

【処分方法1】可燃ごみとして出す

【刈草の処分方法】野焼きはダメ!可燃ゴミ?埋めるデメリットもある

一般的な刈草の処分方法は、可燃ごみとして出す方法です。袋に詰めるまえに、刈草についている土を落とし、乾燥させましょう。水分を蒸発させることで、刈草が軽くなり、袋詰めも楽になります。一度に大量の刈草を出すと、収集してもらえないおそれがあるため、その場合は、各自治体に問い合わせることをおすすめします。

【処分方法2】地面に埋める

刈草は、可燃ごみとして処分するほかに、地面に埋める処分方法があります。刈草は、堆肥として活用することができるので、ガーデニングや家庭農園などでの土づくりに適しています。

雑草の中には、草刈りをした後もすぐに再生してしまう雑草もあります。刈草をただ埋めるだけでは、刈草に残っている種子からまた草が生えてきてしまいます。そうならないよう、正しい埋め方をしましょう。

●刈草の埋め方
作業は簡単で、30センチほど掘った地中に乾燥させた刈草を埋めていきます。深いところに埋めることで、種子の芽が出るのを防ぎます。時間が経つと、良質な土ができるのでガーデニングなどに活用するとよいでしょう。

深い場所に埋めるだけの作業ではありますが、体力を使う作業になるので、腰を痛めるおそれや、高齢の方には大きな負担になる可能性があります。大量の刈草処分は業者に依頼することをおすすめします。

【処分方法3】業者に依頼する

大量の刈草の処分にお困りの場合や、自分での刈草処分に不安のある方は、業者に依頼することを検討しましょう。大量の刈草は、集めるのにも時間がかかり、労力もかかります。知識がある業者に依頼すれば、手間なく、効率よく刈草を処分してくれます。

弊社では、大量の刈草の処分をおこなってくれる業者を紹介しています。作業の効率もよく、刈草処分のお悩みにも対応してくれます。業者への依頼を検討している方は、弊社にお問い合わせください。

刈草処分の注意点

刈草は、処分する前に乾燥させることや、禁止されている処分方法があるなど、いくつか注意点があります。刈草の処分方法の注意点を知って、適切に作業をおこないましょう。

自力で処分する前に乾燥させよう

【刈草の処分方法】野焼きはダメ!可燃ゴミ?埋めるデメリットもある

自分で刈草を処分する場合は、刈ったあとに、日光に当てて乾燥させます。乾燥させることで、刈草の水分が抜け、持ち運ぶのも楽になります。また、刈ったばかりの草は、まだ生きているので、乾燥させて水分をしっかり抜きましょう。そうすることで、発芽するのを防ぐことができます。

乾燥させる際は、刈草を山のように積んでしまうと、中の刈草の水分が抜けません。全体に日光が当たるように、平らにしましょう。乾燥させることで、刈草のカサも減り、袋詰めなどの作業もしやすくなります。袋詰めをおこなう際は、刈草についた土もはたきおとしましょう。土もはたきおとしておくと、袋の重量を軽減できます。

刈った後でも、生命力の強い雑草は、再生しようとします。刈草を乾燥させる際は、ブルーシートなどのシートを敷いて、根付きを防止しましょう。

野焼きは禁止

刈草の処分の方法として、野焼きを思い浮かべる方もいると思います。野焼きは法律で禁止されている処分方法です。大気汚染や近隣の方の迷惑になるので、野焼きで処分するのはやめましょう。

また、野焼きは風向きなどで、ほかのものに燃え移ってしまうおそれもあります。さまざまなトラブルが起きてしまう可能性もあるので、野焼きでの処理はやめておくのが適切です。処分に困る場合は、業者や各自治体に相談しましょう。

刈草を放置するリスク

刈草の放置は、刈草に付着している種子が新たな芽を出してしまったり、害虫が発生してしまったりするトラブルが起きやすいのでおすすめできません。放置せずに、きちんと処分をおこないましょう。

また、刈草を放置してしまうと、火災などのトラブルにつながる可能性も少なからずあります。近隣の方とのトラブルも考えられるため、放置するのはやめましょう。

自力での処分がムリな場合は

刈草の処分は、注意点もあるため、処分に困ってしまう方もいるのではないでしょうか。刈草の処分に困っている場合は、業者に相談することでスムーズに刈草の処分をすることができます。自分で、刈草の処分ができない方や処分に不安のある方は、弊社の加盟店がサポートいたします。気軽にご相談ください。

草刈りも刈草処分も、重労働です。刈草を放置してしまうと、害虫の発生や火災トラブルも考えられます。トラブルにならないためにも、業者に依頼して、刈草の処分をしてもらいましょう。

刈草の処分を業者に任せる場合

刈草の処分を業者に依頼する際は、業者選びが大切です。刈草の処分をする際の、費用相場や業者選びのコツを紹介します。

刈草処分専門の業者があるの?

【刈草の処分方法】野焼きはダメ!可燃ゴミ?埋めるデメリットもある

刈草の処分をおこなってくれる業者は、さまざまで、植木職人や庭師などの業者が、草刈り作業と一緒に処分もおこなってくれる場合が多いです。業者が、刈草の処理業者として、自治体から許可を得ていれば、刈草の処分もおこなうことが可能です。

しかし、刈草処分のみの業者は、あまりないようです。刈草処分を業者に依頼する場合は、植木職人や庭師などの業者に相談してみることをおすすめします。

刈草処分にかかる費用相場

業者に依頼する際に、気になる相場費用をみていきましょう。

刈草の処分の費用は、業者によって異なります。刈草処分だけをおこなっている業者はあまりなく、草刈りや造園業者に処分してもらうのが一般的です。刈草の処分だけをしてもらえるかどうかは業者に問い合わせてみましょう。

草刈り業者に刈草の処分を依頼する場合の費用相場は、50坪ほどで2,000円~8,000円となっています。場合によっては、刈草の処分をする費用のほかに、出張費などの費用も発生する場合があります。依頼する業者に、事前に問い合わせてみることをおすすめします。

業者選びで失敗しないために…

刈草の処分をおこなってもらう場合は、業者選びも大切です。刈草処分の業務許可を自治体から得ているか、詳細な見積りを提示してくれるかどうかなどを確認しましょう。

刈草の処分は、適切な方法で処分しないと罰金が課せられる場合もあります。処分の際に、トラブルが起きないようにするために、適切な刈草処分をおこなう弊社の加盟店を、活用してください。弊社の加盟店は、刈草処分にお困りの方をサポートいたします。気軽にご相談ください。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
20時35分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは