下草刈りの必要性|刈りすぎて逆効果になることも!正しい時期や方法

下草刈りの必要性

山や森を所有する方や、林業に従事している方にとって、欠かせない作業のひとつである下草刈りですが、間違った下草刈りは苗木の成長を妨げることがあります。そのため、下草刈りは、正しい情報を理解したうえでおこなうことが大切です。

ここでは、下草刈りの目的や方法、タイミングなど、下草刈りについての詳しい情報をご紹介します。苗木の成長のために必要なことと、おこなってはいけないことを正しく理解し、効果的な下草刈りをおこないましょう。

下草刈りとは

建材や加工品を作るために作られる人工的な森では、木が伐採されると、新しい木を植えてまた育てるということを繰り返しています。

土を耕して足場のよい広い場所で育てた苗木は、1~3年後に山や森に植え付けて、大きく成長するまで自然の中で育てます。

下草刈りとは、山や森で苗木を育てるうえで、成長の妨げとなる雑草を刈る作業のことをいいます。重労働なうえに足場も悪く、面倒に思う方もいるかもしれませんが、苗木を大きく育てるためには、必要な作業です。以下で、下草刈りの必要性やタイミングについて詳しく解説します。

下草刈りって何のためにやるの?

下草刈りって何のためにやるの?

苗木が大きく成長するためには、より多くの日光や土からの栄養を吸収する必要があります。その成長に必要な栄養を奪われないように、雑草を刈り取る作業が下草刈りです。

森に植え付けたばかりの苗木は、雑草と変わらない大きさをしています。そのため、苗木がほかの雑草や雑木よりも大きくなるまでは、栄養を奪われないように管理しなければ、枯れてしまうおそれがあるのです。

下草刈りのタイミング

下草刈りは、基本的に年に1~2回、6~8月の夏ごろにおこなわれます。雑草の成長が遅かったり、雑草の量自体が少なかったりする場所では年に1回で十分ですが、雑草が多い場所では年に2回の下草刈りが必要です。

苗木がほかの雑草や雑木よりも、1.5倍ほど大きくなるまで続けなくてはならないので、7~8年は続ける必要があるでしょう。また、苗木を育てる土地の土の栄養が少ないなど、土壌がよくない場所では、苗木の成長が遅くなるので、10年ほど下草刈りを続けなくてはならない場合もあります。

木の種類によって下草刈りの時期が違う

苗木の種類によって、下草刈りをおこなう時期は少し異なります。日本でおもに植栽をおこなっているのはスギとヒノキなので、この2種類についてご紹介します。

スギは6月~8月、ヒノキは7~8月に下草刈りをおこないます。年に1回の場合は、7月上旬~8月上旬、年に2回の場合は、1回目を6月下旬~7月上旬、2回目を8月中旬~下旬におこなうのがよいでしょう。

上記の時期に下草刈りをおこなうのは、雑草や雑木が夏によく成長するからです。雑草や雑木は、秋~春に土の栄養を吸収して蓄えておき、夏に蓄えた栄養を使って大きく成長します。そのため、夏にしっかりと下草刈りをしないと、あっという間に苗木の周りは雑草が生い茂って風、通しの悪い日陰になってしまうのです。

下草刈りが逆効果の場合もある!

下草刈りは、作業時期も大切ですが、どの程度雑草を刈るかということも重要なポイントです。

9月以降は徐々に気温が下がっていきます。周りの雑草をすべて刈り取ってしまうと、苗木を冷気から守るものがなくなってしまいます。あまりに冷えた環境も、苗木の成長を妨げる原因になるので、風あたりの強い場所では、苗木の風よけになるような雑草は残して下草刈りをおこないましょう。

作業に関する相談は草刈りのプロへ!

いつどんな雑草でも刈ってよいわけではないため、苗木の状態や周りの環境に配慮しながら下草刈りをおこなうのは大変です。少しでも作業に関する不安のある方は、プロの業者に相談しましょう。

業者を利用したことがない場合は、どのような業者に相談すればよいのかわからないという方もいるでしょう。そのときは弊社にご相談ください。下草刈りが必要な場所やご要望に応じて、プロの業者をご紹介します。

下草刈りの方法

下草刈りをおこなう前に、必要なものや手順を理解しておかなくてはなりません。さらに、刈り取った下草は、自分たちで処分しなくてはならないので、処分方法を覚えておく必要があります。

ここでは、下草刈りに必要な道具、下草刈りの方法と作業後の雑草処分に関して解説します。

準備する道具

準備する道具

下草刈りは、刈払機か鎌を使っておこないます。刈払機は扱いが難しいため、作業に慣れないうちは鎌を使うことをおすすめします。鎌は柄の長いものと短いものがあります。柄の長い鎌は立ったまま作業ができて、無理な体勢になりにくいので、比較的に楽に作業できます。

しかし、大きく振ると苗木まで傷つけてしまうおそれがあるので、苗木のすぐ近くは柄の短い鎌で丁寧に作業したほうがよいでしょう。

下草刈りの方法

下草刈りには3つの方法があります。全体を刈る「全刈」と、苗木の周り1メートルを円形に刈る「坪刈」、苗木を列にして植えたとき、その列に沿って刈る「筋刈」の3種類です。苗木の植え方に合わせて、どの方法にすべきか選択しておこないましょう。

作業の際、鎌は刃先が左側にくるように持ち、柄を自分のほうへ引くようにして雑草を刈ります。刃先を左右に振ると、雑草は刈り取れず、周りの木々を傷める危険性があるので、左右には振らないようにしましょう。

雑草の処分方法

刈り取った雑草の処分は、自分でおこなうか業者に依頼するかのどちらかです。自分で処分する場合は、可燃ゴミとしてゴミに出すこともできますし、たい肥にすることもできます。

ゴミにする場合は、刈った草をそのままゴミ袋に入れてもよいですが、天日干しにして乾燥させると、水分が抜けて草が軽くなるので、処分しやすくなります。たい肥にする場合は、天日干しにして土に埋めるだけです。

業者に依頼する場合は、草刈り業者に下草刈りから依頼するか、処分業者に処分のみを依頼するかのどちらかです。依頼の連絡を入れるだけで、しなければならない作業はないので、処分費はかかりますが、楽に処分できます。

たかが草取り…でも下草刈りは大変な作業!

下草刈りをおこなわなくても、順調に育っているように見える苗木があります。しかし、雑草の繁殖力と生命力を侮ってはいけません。油断しているとあっという間に雑草が成長し、苗木に必要な栄養まで奪われてしまうおそれがあります。

そうなる前に、下草刈りをおこなって、元気な木を育てましょう。ただし、無理に一人でおこなう必要はありません。作業が大変なときは、業者の力を借りましょう。雑草の処分もまとめて依頼すれば、その分の手間もかかりません。

依頼する業者は、弊社にご相談いただければ、すぐにご紹介いたします。無料相談窓口は、年中無休で対応していますので、初めてご利用の方でも安心してお電話ください。

楽なだけじゃない!下草刈りを業者に任せたほうがよい理由

下草刈りを業者に依頼するメリットは、自分で作業をしなくてもよいという身体的な負担の軽減だけではありません。どのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介します。

また、業者に依頼する際は、費用面も気になるポイントでしょう。そこで、下草刈りを業者に依頼した場合の費用相場もご紹介します。ぜひ、依頼の際の参考にしてみてください。

業者に任せるメリット

業者に任せるメリット

下草刈りは、刈払機や鎌を使います。使い方を誤れば、周りの木々だけではなく、自分もケガをするおそれがあります。作業をおこなうのが山や森なので、斜面があったり足場が悪かったりと、危険な点も多いです。

また、苗木を広範囲に植え付けたら、その分下草刈りもおこなわなければなりません。広範囲の作業は、慣れた人でなければ、効率よく作業を進めることができないため、時間がかかってしまいます。

そういったケガや事故防止、作業効率を考えると、業者に依頼したほうが、安全で確実な下草刈りがおこなえるのです。さらに、刈り取った雑草の処分も一緒に依頼できますし、刈るべき雑草と残すべき雑草の量なども見極めながら作業をおこなうので、苗木を傷めるような失敗のリスクも回避できます。

下草刈りの費用相場

下草刈りを業者に依頼した場合、かかる費用は25,000~30,000円程度です。相場よりも安い金額を提示している業者もありますが、出張費や草の処分費などが追加でかかる場合があります。

相場やインターネットなどの提示金額は、あくまで目安として考えて、費用の詳細については、業者に細かく確認をとったほうがよいでしょう。

実績のある業者に依頼したい…そんな場合は

安全に徹底的な下草刈りをおこなうには、プロの業者に依頼することが1番です。そして、より安心感を得るためには、実績のある業者に依頼することがおすすめです。

しかし、実績のある業者を自分で探し出すのは難しいでしょう。そんなときは弊社のサービスをご利用ください。弊社では、さまざまな場所で作業実績がある業者が加盟店として存在しているため、ご紹介することができます。

また、費用面が心配な方は、無料で見積りがとれる業者をご紹介することも可能です。見積りはいくつかの業者からとることができるので、料金を比較検討して依頼先を決められるのも特徴です。業者選択でお悩みの方は、一度ご相談ください。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
01時27分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは