草刈り業者の費用相場を徹底解説|料金の決まり方や追加費用について

草刈り業者

草刈りは、非常に骨の折れる作業です。そのため、草刈りの作業を業者へ依頼しようと考える方も多いのではないでしょうか。

業者に依頼する際は、事前に費用相場を把握しておくことが重要です。おおよその料金を知っておくことで、「不当な料金の支払い」や「安いものの作業内容に満足いかない」など、後々起こりかねない余計なトラブルを回避することにつながります。

この記事では、草刈りの費用相場や料金の決まり方、さらには安くするポイントを紹介していきます。これらを確認して、納得のいく草刈りを施してみてはいかがでしょうか。

費用相場・料金の決まり方・追加費用について

草刈り業者の費用相場を徹底解説|料金の決まり方や追加費用について

草刈りにかかる費用の相場は、おおよそ8,000~20,000円です。しかし、依頼をする業者によって料金の設定の仕方は大きく異なるため、あくまで相場になってきます。

草刈りを依頼したときの費用は、多くの場合「基本料金+追加費用」で算定されます。しかしこの基本料金の決まり方は、業者によって全く異なってきます。草刈りをした場所の面積に応じて決めているところもあれば、作業の時間によって費用を決めている業者もあります。

ほかにも刈った草の量で、費用を確定しているような業者もあるのです。業者を選ぶときは、どのような料金設定がよいのかも含めながら決めていきましょう。

また、業者のなかでもっとも多い料金設定は、面積に応じて料金が算定される方法です。1平方メートルあたり200~300円程度に設定されることが多いため、料金の見当をつけたい方は、一度面積を測って金額を算出するのもよいかもしれません。

ほかにも費用には、追加費用が含まれてくる場合があります。この追加費用は、雑草の処分費用や雑草対策費用などが含まれてきます。こちらは必要に応じて、草刈りと一緒に依頼をすると便利でしょう。

業者へ依頼をしようと考えている方は、ぜひ弊社へご相談ください。弊社では、ご相談にのったうえで、優良な業者を紹介しております。気になる方は、いつでもお気軽にご相談ください。

業者に依頼するメリット・デメリット

草刈りを業者に依頼する際は、大体1万円前後かかってきます。安くはないので、「業者に依頼をするメリットって何だろう」「自分でやったほうがよいのだろうか」と疑問に思う方も多いでしょう。

そこで、業者に依頼をしたときのメリットとデメリットをご紹介していきます。ぜひ両方を検討しつつ、業者に依頼をしたほうがよいのか見定めてみてください。

デメリット

草刈り業者の費用相場を徹底解説|料金の決まり方や追加費用について

デメリットはなんといっても、費用が高くついてしまうことでしょう。自力で草刈りをおこなうと、実費は草刈りに使う道具だけになるので、非常に低価格でおこなうことができます。そのため、草刈りの作業にそこまで負担を感じない方であったり、少ししか草刈りをおこなうつもりがなかったりすれば、自力で作業をしたほうがよいかもしれません。

メリット

業者へ依頼をしたときのメリットは、4つあります。それぞれについて見ていきましょう。

・時間の節約をすることができる
草刈りは、1本1本地道に刈っていきます。そのため、想定以上に時間がかかってしまうものです。しかし、お仕事や家事で多忙という方は多いでしょう。そのようなときに、業者が活躍してくれます。

大変な作業も業者に任せてしまうことで、貴重な休みを作業に費やすことなく、雑草をなくすことができるでしょう。

・負担がかからない
業者に依頼をすると、草刈りを自分でおこなわなくて済みます。業者に依頼をしたときの1番のメリットは、これだといっても過言ではないでしょう。

草刈りは非常に重労働です。草刈り鎌を使って地道に刈っていこうと考えている方であれば、作業中はずっとかがんだ状態になります。長時間かがんだままでいると、背中を痛めてしまうことが多いです。作業で疲弊するだけでなく、作業後にも疲れが響いてしまうこともあるのです。

また、雑草の生育が盛んになる真夏に草刈りをしようと考える方も多いでしょう。しかし、そんな時期に草刈りをしてしまえば、熱中症にかかるリスクが高いです。炎天下のなか、長時間にわたって草刈りをおこなうと、日光と気温によって身体の水分が大量に奪われてしまいます。とくに女性やお年を召した方、お子様には大変な作業かもしれません。

無理をせずに業者へ依頼をすることで、日常生活に支障をきたすようなトラブルを防ぐことができるでしょう。

・雑草対策も任せることができる
追加費用はかかるものの、一緒に雑草対策をしてもらうことが可能です。草刈りは自分でおこなうと大変ですし、毎回業者へ依頼するのも費用が高くついてしまいます。

そのようなときは、雑草対策をすることで解決することができるでしょう。再び雑草が生えないような対策をとることで、根本的に草刈りをする必要がなくなるのです。

雑草対策には除草剤や防草シートを使われることが多いです。土壌に粒状の除草剤を散布すると、雑草が再び生えづらくなる層を形成することができます。また防草シートは日光を遮断するので、雑草の生育を抑制する効果があるのです。

これらの対策は自力でもおこなうこともできます。ただし、適切な除草剤でなかったり、正しい張り方でなかったりすれば、対策の効果はでません。自力で対策をすることに自信のない方は、草刈りと一緒に業者へ依頼をしてしまったほうがよいでしょう。

・専門の機械を使うことができる
なかには、空き地や荒れた田畑を所有している方もいらっしゃるでしょう。そういった場所を草刈りしようとしても、広すぎたり雑草が丈夫すぎたりして、素人がすべての草刈りをするのには厳しい状況もあると思います。

しかし業者であれば、そういった難しい状況にも対応することができます。また業者のなかにはショベルやトラックを利用して作業をおこなうところもあるのです。そのような業者に依頼をすれば、頑丈な雑草でも効率よく除草ができるでしょう。

業者には数多くのメリットがありますが、費用というデメリットもあります。「業者に任せたほうがよさそう」と感じた方は、依頼をするとよいでしょう。

弊社では、数多くの優良な業者をご紹介しております。実際にどの業者を利用しようか考えている方は、ぜひご利用ください。

費用が気になる場合は「安くするポイント」をおさえておこう!

業者を依頼することには、たくさんのメリットがあります。しかし、やはり依頼をするときの費用は気になりますよね。「業者へ依頼をしたいけど、費用は高くて困っている……」という方は、安くするコツをおさえておきましょう。コツには「ゴミの除去をする」「草刈りの環境に合った業者を選ぶ」「依頼をする場所を限定する」「相見積り」があります。

ゴミの除去をする

草刈り業者の費用相場を徹底解説|料金の決まり方や追加費用について

コツのひとつとして、草刈りで発生したゴミを自分で除去するという方法があります。通常であれば、こういったゴミの処分費用は、依頼をしたときの追加費用に加算されます。しかし、自力で処分をしてしまうことで、追加費用を削減することができるのです。

ただし、刈った草を焼いて処分することは、基本的に禁止されています。そのため処分をするときは、以下のいずれかの方法をおこないましょう。

・ゴミとして出す
ゴミとして出せば、回収してもらうことができます。刈った草は燃えるゴミに分類されるので、まとめてゴミに出しましょう。市町村で焼却などをして、処分してくれます。

・たい肥にして活用する
刈りとった草は、たい肥にすることができます。たい肥は、刈りとった雑草以外に、土や油粕を使って作っていきます。事前に乾燥をさせておいた雑草に油粕をまぜて、土をかぶせて置けば準備が完了です。しばらく放置して、月に1回のペースでかき混ぜれば、次第に雑草が分解されていくのです。

完成したたい肥を利用することで、土の水はけや通気性がよくなります。ご家庭で花や作物を育てている方には、この方法がおすすめです。

・地面にうめる
地面にうめることで、処分することができます。この方法の注意点としては、たい肥のときと同じように、乾燥させる必要があることです。雑草の生命力はすさまじいので、そのまま埋めてしまえば、新しく根を張られてしまうことがあるのです。そうなっては、せっかく草刈りをしても無駄になってしまうため、注意しましょう。

草刈りの環境に合った業者を選ぶ

上記でもご紹介したように、基本料金の設定方法は、業者によって異なります。そのため、草刈りをする環境に応じて、依頼をする業者も変えたほうがよいでしょう。

もし傾斜のある場所で草刈りをしたいと考えているときは、作業の面積で料金を算出している業者がおすすめです。傾斜があると、実際の作業面積よりも、算出に計算される面積のほうが少なくなります。傾斜が急であればあるほど、平坦な場所で草刈りをしたときよりもお得になるのです。

依頼をする場所を限定する

業者によっては、作業の難易度によって、料金が変わることがあります。とくに草刈機を使って除草をおこなう業者であれば、キックバックのおこりやすい場所だと依頼費用が高額になってしまうでしょう。

キックバックとは、草刈機の特定のゾーンに固いものがぶつかったとき、作業者に草刈機の刃が跳ね返る現象のことです。キックバックは非常に危険な現象であるため、起こりやすい場所は高額になりがちです。

そこで業者に依頼をする前に、キックバックの起こりやすそうな場所を鎌などで草刈りしておくと、費用を抑えることができるのです。とくに木が生えているような場所は、自力で草刈りをしておくとよいかもしれません。

相見積りをとる

相見積りとは、複数の業者から見積りをとることをさします。上記でもご紹介したように、業者はそれぞれ料金形態が異なります。そこで複数から見積りをとることで、費用を比較して、より安い業者を自分で判断することができるのです。

ただしこの見積りは、有料でおこなっているところもあります。見積りをとるときは事前に、費用がかかるかどうかを調べておきましょう。

また弊社では、この見積りを無料で承っております。この見積り以上に費用がかかることはないので、安心して依頼をしていただくことが可能です。また、見積りの日程キャンセルなどにも費用はかからないため、ぜひお気軽にご相談ください。

草刈り業者の選び方|優良業者を見つけ出そう

業者は工夫次第で費用を安くおさえることが可能です。しかし、いざ実際に依頼をしようと考えても「どのような業者へ依頼をすればよいのかわからない」という方は少なくないでしょう。そこで、こちらでは業者の選び方を3つご紹介します。ぜひ選び方を参考に、優良な業者へ依頼をしていきましょう。

信頼できる業者であるか

草刈り業者の費用相場を徹底解説|料金の決まり方や追加費用について

残念ながら、十分な作業をしてもらうことができず、トラブルを引き起こしてしまうような業者も実在します。確かな作業をしてもらうためにも、信頼できる業者であるかどうかを判断することは非常に大切です。

判断をするには、業者のホームページを確認するとよいでしょう。一般的な信頼できる業者は、会社概要や料金形態などが明確に記載されています。反対に、それらの情報があやふやなものであれば、見積りよりも高い費用を要求されたり、満足のいく作業をしてもらえなかったりすることがあります。ぜひ一度確認してみてください。

実績があるか

業者のなかには、経験が豊富な業者もいれば、浅い業者もいます。やはり依頼をするのであれば、作業に慣れたベテランの業者を選びたいものですよね。

そのため依頼をするときには、業者の実績を確認するとよいでしょう。実績があればあるほど作業に慣れていて、実力のある業者だと判断することができます。

専門業者であるか

ひとくちに業者といっても、多様なサービスをおこなっている業者もあれば、草刈りに特化している業者もあります。多様なサービスを展開している業者は、頼りやすいため非常に便利ですが、やはり草刈り専門の業者のほうが、作業に慣れていることが期待できます。

これらの選び方を意識することで、だいたいの優良業者を選定することができます。しかし、自力で業者を探し出すことに不安を感じる方もいらっしゃると思います。

そのような方は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では24時間体制で、電話相談を受け付けております。一緒に適切な業者を探していきましょう。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
20時25分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは