草刈り業者を選ぶ決め手とは?あらゆる視点から見極める力を養おう

草刈り業者を選ぶ決め手とは?あらゆる視点から見極める力を養おう

 

草刈りは、「やらなきゃいけないな」と思いつつ、ついつい先延ばしにしがちですよね。時間や体力があれば、刈ることもできるかもしれませんが、草が生えている量が多かったり、自分一人では刈りきれなかったりする場合は、業者に依頼をしてみましょう。

草刈りを業者に依頼しますと、草の生えている状態や面積によって、使用する機械や車両が変わっていきます。その他のオプション内容によっても、料金設定に違いが出てきますので、依頼をする前に作業内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

 

業者による草刈りと素人による草刈り、違いはなに?

草刈りをおこなう内容は、範囲によって異なります。では、素人と業者では、作業内容にどのような違いがあるのでしょうか。また、草刈りを業者に依頼するとどのような道具を使用し、どのような作業をおこなってくれるのか、ご説明いたします。

 

個人宅の庭などそこまで広くない場合

草の生えている範囲がそこまで広くない場合は、基本的に手作業で草を抜いていきます。作業方法は、素人も業者も変わりませんが、業者はプロですので知識がとても豊富です。生えている草の種類を見極め、再び生えてきにくい方法で抜いていくことができます。

個人のお庭でも、ある程度広い範囲の草刈りは、電動の草刈り機を使用する場合があります。手作業に比べて圧倒的にスピードがあがりますので、効率よく作業を終わらせることができるでしょう。

電動草刈り機を扱うにはコツがいります。業者に依頼すると、最もよい方法で丁寧に、素早く草を刈ってくれます。

 

農地など広大な土地の場合

広大な土地の草刈りは、専用のトラクターを使用します。素人ですと、購入をするのに莫大な費用がかかり、広い土地の草を刈る時間も必要になってきます。また、特殊な作業になりますので、素人がおこなうには限界があるかもしれません。

業者ですと、トラクターの扱いにはなれていますので、安心して任せることができるでしょう。

また、トラクターによる草刈りは、ハンマーナイフを取り付けることができる場合があります。ハンマーナイフとは、草を刈る際に粉砕しながら刈っていくものであり、作業後に出る草の撤去作業が格段にラクになるアタッチメントのことをいいます。

ただし、ハンマーナイフは作業をおこなう面積によって、使用できない場合もあります。あらかじめ依頼をする際に確認をしておきましょう。

 

業者による草刈りで使われる機器にはどんなものがある?

業者による草刈りで使われる機器にはどんなものがある?

 

草刈りを業者に依頼すると、草を安全に刈るために必要な車両や、運搬するための車両を使用する場合があります。

 

パワーショベル

パワーショベルは、人や機械が入れないような場所で活躍し、広い土地での作業のときに使用することがあります。

 

高所作業車

高い場所での草刈りが必要なときに使用する車両です。人の手や、他の機械では届かないような場所の草刈りが可能であり、作業を安全におこなうことができます。

 

トラック

刈り終わった草を運ぶためにトラックを使用します。また、作業をおこなうために使用する機械を運搬します。

 

業者に頼むとどれくらい費用がかかるの…?一番気になるお金の話

「自分で刈るには時間や体力を使うし、業者に依頼をしてみよう……」いざ業者に頼もうとしても、費用がどれくらいかかるのか、見当もつきませんよね。

草刈りは、業者によってかかる費用の仕組みが変わります。これから頼もうと考えている方は、まず依頼を考えている業者が、どのような料金設定でおこなっているのかを調べてみましょう。

 

基本的な料金設定のからくり

基本的には、草刈りをおこなう面積によって料金設定がされるケースが多いです。相場としては、50平米で7,000円~25,000円といわれています。料金になぜこんなに違いがあるかといいますと、業者によって基本料金とは別に、オプション料金がかかる場合があるからです。

基本料金が高くても、あらかじめオプション内容がはいっていることもありますので、依頼をするときには、基本料金の項目をはじめにチェックしておきましょう。

 

交通費や機械代がかかる場合も!?経費の内訳

経費の内訳には、作業をおこなう「人件費、交通費、道具の材料費、機械代」が含まれます。草を刈ってもらいたい場所や量によって、道具や機械などを使用するかどうかは変わってきますので、どれくらい費用がかかるのかきちんと説明してもらい、納得をしてから依頼をしましょう。

想像以上に料金が高くなってしまったなんてことを防ぐことができます。

 

刈った草の処分費用がかかることも

基本料金が安いなと感じたら、刈り終わった草を処分するのに別で料金がかかる場合があります。目安としては、だいたい5,000円程度かかるといわれています。依頼をする前に、刈り終わった草を処分するのにお金が追加で必要なのか、あらかじめ料金の中に含まれているのかを確かめておきましょう。

 

どんな人が業者に草刈りを依頼している?

どんな人が業者に草刈りを依頼している?

 

草刈りを業者に依頼する人には、どんな人が多いのか気になりますよね。みなさんが草刈りを頼みたいと思うときは、どんなときですか?多くの人は、草がたくさん生えてきてしまって、自分で刈るには量が多すぎて手が行き届かないようなときだと思います。

現に、依頼をする人の多くは、草を刈るような時間を作れない共働きのご夫婦や、ご高齢のかたで大量の草を刈るような体力がない方などによる依頼が多い傾向にあります。草が元気に育つ期間は長く、3月~年末まで多くの依頼がされています。

 

優良業者を見つけるときに重要視すべき点

草刈り業者を選ぶときには、どのようなところに気を付ければいいのでしょうか。先ほどご紹介した料金設定が重要なポイントになっていきます。作業内容に納得するのはもちろん、信用できる業者かどうかをきちんと見極めましょう。

 

はじめからひとつの業者に絞らない方がよい

業者にとって、料金の設定の仕方が異なります。複数の業者に見積りを出してもらい、それぞれの合計価格を比較してみましょう。そうすることで、サービス内容の特徴や価格差がわかり、自分にあった業者の選び方ができます。

 

見積りが透明化されているかどうかも重要

料金が安いからといって、すぐ決めてはいけません。後から、追加料金を請求され、想像以上に高くなってしまったなんてことも起こる可能性があります。作業内容や金額が納得のいくまで説明をしてもらい、のちにトラブルが起こってしまわないよう注意しましょう。

 

業者のホームページで実績を見るのは基本

業者を選ぶときは、ネットのホームページを見るかと思います。料金だけでなく、その業者の実績をきちんと確認するのが大切です。信頼できる業者かどうかをしっかりと見極め、相談をしてみましょう。

 

まとめ

狭い範囲の草刈りでしたら、自分でおこなうこともできるかもしれませんが、業者に依頼をすると知識をもっているので、今後草が生えにくい方法で刈ってくれるでしょう。また、範囲が広い場所での草刈りは、草刈り機を使用して作業時間を短くすることができます。

草を刈るといっても、草の生えている場所や範囲によっては、トラックや、高所作業車を必要とする場合があります。料金設定は、業者によって異なりますので、依頼をしようと考えている方は、まずそのような車両を使用した場合にかかる料金がどれくらいなのかを聞いてみましょう。

業者を選ぶときは、複数の業者に見積りをとってもらい、料金を比べてみましょう。後から「聞いてなかった」なんてことがないよう、細かい内容まできちんと説明してもらえるところを選ぶのが大切です。

ご相談無料 面倒な作業もお任せください!! 24時間365日 早朝・深夜も受付中!日本全国対応 通話無料0800-805-8249 メールで無料相談 各種クレジットカードOK!調査見積もり無料
00時44分現在、お電話が
つながりやすくなっています。
  • 料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!草刈りお助け隊とは